「これほど重要なことについて私たちが分裂することはできません」

左はケイティ・ラッペさんと娘のアビーさん。

住宅はすべての人のためのものです。これは目標であり、事実を述べたものではありません。人種差別、住宅不足、官僚主義、負債など、膨大な数の障壁が依然として存在し、多くの人々が住宅所有を達成できない原因となっています。不動産業界の使命が、すべての人が住宅を所有するという目標に向かって進むことであるならば、その課題は膨大であり、やるべきことは常にあります。

ケイティ ラッペにとって、この挑戦と仕事は、非常に個人的な意味合いも持っています。自閉症スペクトラムで言語と視覚に問題を抱える娘のアビーは、人生で大きな成功を収めるために懸命に戦い、ついには家を買うことを決意しました。その旅と、アビーのような人々が不動産取引のプロセスを乗り越えていく様子を見て、ケイティはアビーのために、そして彼女のような何百万人もの人々のために、業界全体に変化を起こそうと考えました。

ケイティ・ラッペ

ケイティ・ラッペ: 私の家族は数百万ドル規模の不動産業者でした。私自身は不動産業者ではありませんでしたが、常に家族の技術とマーケティングを担当していました。不動産業者になることを検討していたのですが、母は「そんなことはしないで。自分の得意なことをしなさい」と言いました。

私は、弁護士として法廷に立つためにテネシー州の弁護士資格を取得しており、特許法も専門としています。それが私の人生になるはずでした。人生はいつも思い通りになるとは限りません。

ある日、娘が目を覚ますと神経発作を起こしました。2歳にしてひどいアレルギー反応を起こしたのです。娘は突然歩けなくなり、突然私と話をしなくなりました。娘は姿を消しました。私は仕事に行けませんでした。私の心であり魂であるこの子の世話をしなければならなくなったからです。そして娘に人生で最高の機会を与えるために働きました。人生を作り直さなければならず、自宅で仕事をし、それでも医療費の支払いをしなければなりません。

2歳のときに重度のアレルギー反応を起こして以来、アビーは言語と視覚の障害に悩まされています。

若いアビー

ケイティは、アビーの大学教育を支援しながら、不動産に特化した 2 つの会社を設立して成長させた後、娘の野心が成長するのを見て、さらに多くの課題が待ち受けていることに気づき始めました。

クエル: ある日、アビーは目を覚ますと興奮していて、大学でいい成績を取っていて、楽しいことをたくさんやっています。そして彼女は言います。「ママ、大学を卒業したらフルタイムの仕事に就きたいの。家も欲しいし、結婚もしたいし、犬も20匹くらい飼いたいわ。」私は「ああ、ハニー、犬のことは後で話そうね。」と言いました。

しかし、私は不動産業、特に不動産業者が大好きです。彼らは私が娘を養うのを支えてくれた人たちです。私は彼らに返済すべき借りがあるように感じています。

アビーはイライラし始めました。大学では、彼女の代わりに読んでくれる人がいます。そして、電球が点灯したように、それが分かりました。これは、Google 翻訳の問題ではありません。自動字幕の問題でもありません。これは、ADA 準拠の、不動産物件情報、特に私たちの業界向けのソフトウェアなのです。

私の人生の使命は、このソフトウェアをすべての不動産物件リストに実装することです。そうすれば、人々が物件について理解し、会話を始めることができるからです。これはとても重要なことです。

アビーは秋に準学士号を取得して卒業し、現在は学士号取得を目指しています。

ケイティの DO AudioTours™ ソフトウェアは、多言語、神経多様性、聴覚、視覚障害を持つ人、その他多くの人々が、より詳しい説明と物件見学によって住宅購入プロセスを進められるよう設計されています。RE/MAX や Berkshire Hathaway HomeServices などの大手仲介業者と提携し、大手 MLS と継続的に話し合いながら、不動産物件情報を誰もがアクセスできるようにすることは複雑な課題ですが、優先して取り組む必要があると彼女は言います。

クエル: 障がいのある人たちは、沈黙の DEI です。誰もが DEI について語っていますが、障がいについて語る人はいません。私たちの市場の 40% は、何らかの制約があるか、英語が母国語ではないかのどちらかです。私はエージェントにこう言います。「ここには巨大な市場があります。彼らは家を買いたいのです!」

誰かがこの仕事を引き受けなければなりませんでした。知らないうちに、私の人生は不動産業界でこの仕事をする準備をしてきたのです。

世の中には、障害を持つ人々がノートパソコンや携帯電話で使う技術がたくさんあります。そして、開発しているソフトウェアが、彼らが使うさまざまなタイプのプラットフォームすべてと互換性があることを確認する必要があります。試行錯誤の連続です。障害を持つ人々がたくさんやって来ます。私が「ねえ、これについてどう思う?」と尋ねると、娘は辛抱強く答えてくれます。なぜなら、彼女は正直だとわかっているからです。彼女は残酷なほど正直なのです。

これほど重要な問題にばらばらに取り組んだまま、業界として存続することはできません。これは企業が独自に取り組むべきことではありません。

アビーは、障害のあるコミュニティにさらに良いサービスを提供できるよう、母親が DO AudioTours を改良するのを手伝ってきました。

テクノロジーと法律の両方のバックグラウンドを持つケイティは、DO AudioTours™ は ADA 準拠を実現できるだけでなく、業界をより多くの人に開放するためのさまざまな機能も提供できると述べています。しかし、すべてはアビーに帰結し、ケイティはそれを不動産業界への借りと表現しています。

クエル: 娘を今の地位に導くために一生懸命働いてきた親として、娘が大学卒業後の人生について話し始めたとき、そして家を買うときにぶつかる壁を見始めたとき、私は「ああ、世の中には困難がたくさんあるんだ。これから次から次へと壁にぶつかるんだ」と思いました。

私は少し間を置いてから、さまざまなテクノロジー ツールを調べ、リサーチを始めました。そして、次の日目覚めて、ちょっと待って、これが、これが、これが、これが、これが、そしてこれがあったら、娘だけでなく、この業界にとっても素晴らしいのに、と思うのです。そして、忘れてはならないのは、私には返済すべき借りがあるということです。私が 20 代の頃、障害のある娘を育てるのに苦労していたとき、エージェントが名乗り出て、私にお金を出し、私を信頼してくれました。私は一生懸命働いて、その仕事を獲得しました。しかし、その仕事のおかげで、娘は今のような状態になりました。

社会として、私たち全員がどのように団結して正しいことを行えばよいのか考え始めます。

ja日本語
上部へスクロール